2012年06月12日

5月の出来事



今ごろだけど。

4月28日。

蘭ちんの指のあいだを見ると

2〜3ミリの変な色をしたイボを見つけました。

4月29日。

獣医さんに行きました。

ちょうど院長先生がいたので診てもらいました。

紫っぽいイボなので普通のイボではないとのことでした。

ゴールデンウィークは、手術の予定がいっぱいなので

5月10日に手術の予定に入れてもらいました。

手術をする前にエコーの検査とレントゲンの検査をしてもらうことにしました。

5月6日。

鈴ちゃんの百か日供養を済ませ自宅で少し横になっていると

獣医さん(院長先生)から携帯に電話がありました。

次の日の7日の日のオペが一つなくなったので

月曜日に手術ができますと連絡をもらいました。

7日の日 手術をしてもらうことにしました。

7日。

手術当日

手術の前にレントゲンの検査とエコーの検査をしました。

レントゲンでは、異常は見つかりませんでした。

エコー検査で、脾臓に2センチほどの腫瘍があることがわかりました。

私も側にいたので画像を確認しました。

院長先生は、もし不安であれば岐阜の大学でCTの検査をしますか?

と言われました。

でも、エコー検査の画像を見ていてやっぱり気になるので

足の指のあいだにできた腫瘍と

脾臓にできた腫瘍を取ってもらうことにしました。

蘭の指のあいだにできた出来物が見つかった時に

院長先生に手術に立ち会いたいと話していたので

立ち会わせてもらいました。

そして手術中

エコー検査でわかった

脾臓にできた2センチほどの腫瘍やはりありました。

本当は、入院しないといけないのはわかっていたけれど

無理を言って退院させてもらいました。

蘭ちんが、他のワンちゃんのことを恐がって

ストレスになると可哀そうだなって思ったので。

その日は、パパも早く帰ってきてくれたので

パパと一緒に迎えに行きました。

蘭ちんも私達の声と顔を見てすごく帰りたそうにしていました。

10日。

蘭ちんを連れて病院に行きました。

傷口を診てもらってお薬をもらって会計を済ませました。

11日。

朝食べたフードを吐いてしまったので獣医さんに行きました。

吐き気止めと胃腸き系の注射を2本うってもらいました。

そしてお薬も少し変更してもらいました。

12日。

獣医さんに行って抜糸ができるまでの間のお薬をもらってきました。

15日。

獣医さん(院長先生)から携帯に連絡がありました。

病理検査の結果 どちらも良性とのことでした。

涙が出るくらい嬉しい結果ですごく安心しました。

17日。

パパも半日休んでくれて獣医さんに蘭ちんの抜糸に行きました。

病理検査の結果も詳しく説明してもらいました。

そして抜糸が終わって1週間から10日傷口の消毒をして

琵琶湖や川で遊ばせてあげてくださいと言って下さいました。

その後 少し体調を崩したみたいで下痢が続きましたが

今は、元気に過ごしてくれています。

2012.6.10.jpg

2012.6.10.1.JPG

梅雨の合い間の公園でボール遊び♪


ニックネーム 蘭ママ at 19:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする